鍛造部・設備工事部の両方と関わる技術グループのスタッフが、金型設計や機械設計など実際の技術グループの仕事について紹介しています。

ちょっとした不満はみんな持っています。だって、”もっとやりたい”という向上心を持っているから

私は、治具や金型など、主に設計の仕事をしています。
でも、もともと設備関係に強かったというのもあって、設備工事部と連携して社内の設備の保全、改善なども行っています。パソコンの修理や設定などもやってみたり・・・、いわゆる設備全般、マルチに対応しています。

この会社に入って、よかったなあ、と思うことは、目標さえ決まれば、それに向けてみんな一緒に頑張ろう、と思う気持ちが強いことです。
社員同士の仲が良いから何をするにもモチベーションが高いし、鍛造グループの人の技術がすごく高いのも自慢というか嬉しい。
でも、ちょっとした不満はみんな持っていると思います。なぜなら、みんな「もっとやりたい!」、という向上心があるから。
そんな中で、社長をはじめリーダークラスの人達とのコミュニケーションが取れているので、その人達が気持ちを汲んで「こうやっていこう」、と投げかけてくれる。
だから迷わず一緒の方向を向いていける。

設計の仕事でミスをしたこともあります。
良品を納品して当たり前の仕事なので、かなり落ち込みました。
そんな時でも、必ず回りの誰かがイキイキ楽しそうに仕事をしていて、そういう人達に引張られてなんとかモチベーションが維持できました。
悪い意味ではなく、自分だけで良いと思って設計しても、使ってみたら良くない、一人で考えても結果的には良いものができない、と気付かされました。
自分の仕事は、使う人が使い易いと思うものになるように手助けすること、だから鍛造グループの人ともしっかり話し合って、もっといいものを作るように頑張りたいと思っています。

この会社に入って、よく勉強するようになりました。
言われたわけではないですが、求められることが広範囲だったので自然と調べたり、勉強したり、という癖がつきました。
もし新人さんが自分のグループに入ってきてくれたら、たっぷり教えてあげる時間を作って、今まで勉強してきた自分の知っていることを教えてあげたい。

鍛造の仕事は一人ではできない仕事、というのもあってか、大智鍛造所は仲間意識の強い会社です。
製造業は気を抜くと危ない仕事なので、仕事はいつも真剣。ミスをすれば本気で怒られるし、だからこちらも真剣になれる。
でも、休みの日はみんなで釣りやボーリング、バーベキューなど、しょっちゅう一緒に遊んでいます。
そういうメリハリのある会社です。

「住めば都」といいますが、心から都と思います。これから先もずっと向上心を持って頑張りたいです。なんといっても大智鍛造所は、年がいけばいくほど元気になっていく、不思議な会社ですから(笑)