大智鍛造所の設備工事部スタッフが、自動車組み立て工場を中心に活躍する実際の仕事内容を紹介しているページです。

鉄はどんな形にでもなるだから”できない”とは言えない仕事です。

私は設備工事部で、主にダイハツ工業様の工場内の設備工事の仕事をしています。
一口に設備工事といっても、窓ガラスの交換から、自動車製造ラインの自動化設備まで、本当に幅広く対応しています。
また、依頼を待っているだけではなく、こちらから提案することも大事な仕事なので、様々な知識が必要になるのもこの仕事の特徴だと思います。

といっても、私はずっと設備工事関係の仕事をしていたわけではなく、もともとは建築関係の仕事をしていました。
その頃は、「地図に残る仕事をしたい」と、夢見ていましたが、景気が下降気味でなかなか・・・

この会社に来て思ったのは、「鉄はどうにでもなる」、ということです。だから”できない”とは言えない。
前の仕事では主に木を扱っていたのですが、木は結構難しかったです。切ってしまったらアウトですから。
でも、鉄は切っても溶接できるし、自由に曲がるし、どんな形でも作ることができる。

どうやったらもっと機能的になるかを考えて、図面に落として、実際に作ってみると大抵実現可能です。
そこが一番面白い。
かといって、大きすぎると重たくなるし、薄すぎると強度が下がる。何でも可能だから余計に知識や経験が重要になる仕事だと思いました。

私がこの会社で一番良いと思うところは、自分で予定を立てて、自分で仕事を進める、というところです。
以前は現場仕事だけでしたが、今は生産技術担当の方との打ち合わせから、設計、材料手配、施工管理と自分で動かなくてはならない。おまけに幅広い知識も必要です。

でも、自分で決めた仕事だから自然と前向きに仕事に取り組めるし、自分自身の成長にも繋がっているような気がします。
知識にしても、資格などの取得は会社が全面的に援助してくれるので、やる気さえあれば本当に自分のためになる会社です。
安心して仕事に打ち込めるような制度や福利厚生がしっかりしていて、そういうところも有難いと思います。

大智鍛造所は、自分で何か作ったりするのが好きな人にとってはもってこいの会社です。
自分のキャパ次第で何でも可能になるし、そのキャパも拡げていくことができる環境があるからです。
私自身、これからも、まずは手探りであれこれとやってみて、そこから少しずつ掘り下げて、自分の仕事の幅を拡げていきたいと思っています。
鉄は無限の可能性を持っていますから。