大智鍛造所の鍛造部品質管理グループのスタッフが、ショットブラストなど最終検査の仕事について紹介しています。

やりがいを見つけられない、という人ぜひ一緒にチャレンジしましょう!

私は品質管理を担当しています。当社で生産した製品を、ベストの状態でお客様に送り出す仕事です。
そのために毎日、一時間に一回の品質パトロールや、抜き取り寸法検査を徹底しています。
その中で、問題があればすぐに課題化し、鍛造グループと共に、グループの垣根を越えてスピーディな改善活動を心がけています。

出荷検査工程では、1日何千個の製品を見たりすることもあります。 同じ様なものばかりを見ていると、自然と感覚が研ぎ澄まされてくるんです。パッと見て、「あれ?」、と思ったものは、やっぱり不良品だったりする。これっていわゆる神業ですよね?

また、私の部署のそのすぐ先はお客様なので、そう思うと気が引き締まります。納期的に厳しい時でも、すぐにお客様の事を思うことができるので頑張ることができるのです。
社内のすべての工程のシメとなるのが私の部署なので、そういう意味でも気合が入ります。
もし、私の部署が不良品を見逃してしまったら、せっかく良いものを造ってくれている、仲間に申し訳ない。そういう気持ちで仕事をしているうちに、自然と責任感が自分の中に生まれました。

実際、何千個という製品の中で、不良品というのはあってもほんの数個。それを見逃してしまうと、その他の全ての商品に対する信頼が失われるので、非常に緊張感のいる仕事だと思います。と同時に、その難しさがやりがいに繋がるのです。

大智鍛造所の自慢は、何と言っても職場環境が良いことです。
オフの日に、世代関係なく釣りやボーリングに行くのも楽しいですし、仕事上でも古き良き家族のような環境があります。
社内には改善提案制度というものがあって、それに自分がこうしたいと思ったことや問題点などを書いて提出すると、すぐに対応をしてくれます。

最近定年で退職された方がいらっしゃって、その人を見ていると、「自分もこの人のように最後まで働きたい」と心から思いました。実は、自分でも普通にそう思えてしまったことに驚いたくらいです。
中途採用で入社しましたが、今まで経験した他の会社と全然違います。今までの自分とも違うのです。
知らず知らずに仕事を通じて成長できたことを、誰よりも自分自身が実感しているから、「やりたいことが見つからない」とか、「やりがいを見つけられない」という人にこそ、この会社に来てもらいたいです。
そして、一緒にチャレンジしてもらいたいと思っています。