1943年、兵庫県川西市に創業してから設備工事部の創設、エアースタンプハンマによる熱間型打鍛造へのシフトなど、大智鍛造所が現在に至るまでを時系列でご紹介しております。

大智鍛造所のあゆみ

大智鍛造所のあゆみ
大智 明(45歳)は、それまで勤めていた電溶工業を退社し、川辺郡川西町加茂に発動機製造株式会社の下請工場として創業 1943年
川西市加茂牧田に土地100坪を買い工場を建設
株式会社設立、資本金50万円
1954年
第二鍛造工場建設
エアーハンマ 3台
1959年
ダイハツ工業と設備工事の取引開始。隣接地500坪を借りて、パレットの生産拡大 1962年
昭和38年 社長大智 明死去(65歳)、大智寛社長就任(38歳)
設備工事の売上増加
1964年
新工場(現在地)へ移転、面積820坪
エアーハンマー3台 フリー鍛造から型打鍛造へ徐々に移行
1970年
受注激化、営業活動に奔走
建機・農機部品受注
1974年
資本金を400万円に増資 1975年
資本金を1,000万円に増資 1980年
資本金を2,000万円に増資 1984年
1トンエアーハンマー増設 4ライン体制に
コンピューターの導入により事務の合理化を進める
1985年
京都府長岡京市に設備工事部の京都工場開設 1989年
鍛造、工事ともに好調で、鍛造製品価格も上昇
人手不足が最大の問題、人件費も上がる
1990年
隣接地146坪購入し、鋼材置場に
売上高18億円
1991年
創業50周年記念式典開催
不況、原価低減に努力する
増資し、資本2,800万円
1993年
震災後、一時鍛造受注増加、納期に追われる
超円高のため値引き要請激化
漏電により事務所全焼、9月新築完成
1995年
消費税駆け込み需要のため5月頃まで鍛造受注増加
資本金5,000万円
生産管理システム、パソコンLAN導入
1997年
11月、代表取締役に大智靖志就任 2000年
重油加熱炉から電気、都市ガスに転換 2002年
鍛造工場増築
5号ライン(1トン)増設
2003年
アイダ400トン冷間コイニングプレス購入 2005年
設備工事部の工場移転
売上高24億4,000万円
2006年
工場間の大幅なレイアウト変更により
6号ライン(1トン)増設
2007年
スチールチョッパー450トン設置 2012年
油圧ハンマを1.5トンエアーハンマに更新 2014年